リフォーム 岐阜県各務原市 タグチホーム

  • HOME
  • はじめにお読みください

はじめにお読みください

この度はホームページをご覧いただきありがとうございます。
タグチホーム株式会社 代表取締役 田口元美です。
弊社は父が昭和52年に創業した工務店で、地元各務原を拠点に40年以上、皆さまの幸せな住まい 創りのお手伝いをさせていただいております。

多くの耐震や省エネ改修の現場に携わり、近年ではホームインスペクター(住宅診断士)として住まいの健康診断を行い、お客様のお悩みやご希望を伺っていくうちに、現在の住宅業界においてはお客様がお選びになった業者によっては、お客様が損をしてしまうケースが数多あるという事実に気がついたのです。

断熱性能が低く、支払う必要のない余分な光熱費が発生してしまう
部屋間で温度差が生まれ、家族の健康を害してしまう
耐震性能が低く、いざ地震が起きた時に建物が破損してしまう
破損の度合いによっては、最悪大切な家族の命を危険に晒してしまう
補助金を給付してもらえるチャンスを逃してしまう

上記の項目の中には、住まい創りが完了した時点では明らかにならず、時間が経過してみないとわからないものもあります。

しかし、お客様のご負担は減らしつつ、長く健康に生活できる、高性能で快適なお住まいが手に入るということが、住まい創りの前にわかっていたら、どうでしょうか。

住まい創りは決して安い買い物ではないですから、このページではお客様が損をしてしまわぬよう「損をしない住まい創り」に欠かせない3つのポイントをご紹介します。
ぜひご一読いただき、皆さまの住まい創りの参考にしてください。

耐震補強リフォーム 耐震診断から改修まで

「室温が外気温に影響される」
「冷暖房を使っているのに、部屋ごとの温度差に悩まされる」

これらの不満は、断熱をしっかりすることに大きく関わっています。

築年数が経過した住まいの場合、外壁の断熱がされていない家、断熱材が薄っぺらい家が、意外とたくさんあるのです。
これでは、いくら暖房器具を使っても、暖かくならないですよね?

光熱費だって、バカになりません。 断熱リフォームは一見すると地味ですが、快適な家にするだけでなく、エネルギーの無駄使いをカットでき、省エネ効果が高いリフォームなのです。

ただし、断熱の方法や度合いは、住まいの状態によって様々ですので、お客様の住まいにとって適切な施工がされなければ、期待した効果は望めません。住まいの状態を正しく分析し、本当に必要な工事を実施できる業者にお願いすることが重要です。

私が断熱にこだわるのは、室内の温度差が家族の命に関わるからなのです。
みなさんは「ヒートショック」をご存知ですか?

ヒートショックとは、急激な温度変化により身体が受ける衝撃のことです。
心臓や脳にかかる負担の大きさによっては、最悪の場合死に至るケースもあります。

「ヒートショックなんて自分には関係ない」と思うかも方もいるかもしれません。
しかし、実はヒートショックで亡くなられる方は、浴室で起こった場合だけを見てみても、交通事故死亡者数よりも多いのです。

持病がある方はもちろんですが、高齢の方の場合は自覚がなくても事故にあう可能性があります。

より快適で幸せな暮らしを送るための住まいが、家族の健康を奪ってしまう危険性があるのだということをしっかり理解しておく必要があるのです。

タグチホームはこれまでに、優れた断熱性・気密性を兼ね備えた木造やツーバイフォー工法の省エネ住宅の新築、分譲住宅を数多く手がけ、その技術をリフォームの分野にも活かしてきました。
住まいを高断熱・高気密化するために必要な知識と技術を培ってきたので、窓サッシから全面断熱工事に至るまで、お客様の住まいに合わせたご提案が可能です。

またタグチホームでは、ご家庭の年間エネルギー使用量や光熱費などの情報をもとに、お住まいの気候やご家庭のライフスタイルに合わせて無理なくできる省CO2・省エネ対策をご提案するための診断を実施しています。

空調設備に頼らなくても快適な空間を創ることで、余分な高熱費を削減するだけでなく、家族の健康を守ることができるのです。

タグチホームでは、資格を持った専門家が診断を実施します。
サッシの取り替えならまだしも、壁・床の断熱が適切に施されているかどうかは、工事が終わってしまうと見た目で判断することが難しいので、工事に入る前に診断を受けられることをおすすめします。

耐震補強リフォーム 耐震診断から改修まで

多大な人命が奪われた平成7年の阪神淡路大震災では、直接死の83.3%が建物倒壊等が要因であったと言われています(平成7年「神戸市内における検死統計」(兵庫県監察医))。
世界有数の地震大国である日本で大切な家族の命を守るためには、適切な住まいの耐震補強が必要なことは、言うまでもありません。

では、耐震補強がしっかりされていないと、住まいはどうなってしまうのでしょうか。

特に、「新耐震設計基準」が施行される前の昭和56年(1981年)以前に建てられた家屋は、大震災に弱い恐れがあるため、耐震診断と適切な耐震補強対策をとることが必要です。

私は、1999年に国内初のホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)サービスを開始した業界No.1の実績を持つ一級建築士事務所「さくら事務所」公認のホームインスペクター(住宅診断士)でもあり、これまでに数多くの住まいの耐震診断を施してきました。

耐震診断は最新の耐震診断法(※)に準じて行われ、診断の結果、地震で壊れると判断された場合には、その壊れ方まで分かってしまいます

診断結果に基づいた、適切な耐震補強方法をお伝えするのはもちろん、「耐震診断報告書」「耐震基準適合証明書」など、補助金の受給や減税制度利用時に不可欠な公的書類の発行まで行うことができます。

※「木造住宅の耐震診断と補強方法(国土交通省住宅局建築指導課監修)」に準じた耐震診断です

また、タグチホームには岐阜県公認の「木造住宅耐震相談士」の資格を持つスタッフが多数在籍しており耐震診断を行うことが可能です。

特に昭和56年(1981年)以前に建てられた建物にお住まいの方は、できるだけ早く耐震診断を受けられることをおすすめいたします。
お困りの際は、どうぞ遠慮なく私たちにご相談ください。

耐震補強リフォーム 耐震診断から改修まで

「断熱も耐震も、本当はやった方が良いのはわかっているんですけど、コストの問題が…」
このようなご相談は、決して少なくありません。しかし皆さん、ここで諦める必要はありません。
住まいの断熱化や耐震化は、皆さんの健康や命を守るために不可欠ですから、国や県、市町村が様々な補助金制度を設けているのです。

ただ、こうした補助金制度は、建設業者の間でもあまり知られていないというのが実情です。

補助金の種類も多岐に渡り、申請に必要な書類にも高度な専門性が求められる場合も多いため、制度自体は知っていても、活用に踏み切っていない業者も実は相当数あるのです。

そうした業者を選んでしまった場合、補助金を受給できるチャンスを逃してしまうことになります。

タグチホームでは、補助金の申請に必要な診断から手続きまで、ワンストップで行うことが可能です。
補助金申請には相当な準備が必要で、募集が始まってから動き出したのでは遅い場合も多くあるので、常にアンテナを張っておき、時流を把握していなければなりません。

また、応募が募集を上回るときは、提案の内容が補助金受給の分かれ道になることもあるので、お客様の住まいの状態を正しく把握し、的確なご提案ができる力も必要です。

築100年ほどの古民家で、地域の多くの工務店にご相談をしていましたが、どこも対応する能力がなく、当社が耐震改修84万と高齢者対応改修モデル事業200万、合併浄化槽補助事業40万をご提案し、ご採用いただいたケースもあります。

数ある補助金の一つに、国が推進している「長期優良化リフォーム推進事業」があります。
住まいを長寿命化させる優良な取り組みに対して、国が費用の一部を負担してくれる制度で、一定基準を満たせば最大200万円(改修費用の1/3上限)が支給されるという制度です。

この基準の一つに、平成26年度分から「ホームインスペクション(住宅診断)の実施」が加えられました。

ホームインスペクション(住宅診断)とは、人間でいうところの健康診断にあたります。
具体的には、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などの見極めを行います。

前述のとおり、私は業界No.1の実績を持つ一級建築士事務所「さくら事務所」公認のホームインスペクター(住宅診断士)として、これまで数多くの診断に携わってまいりました。
お客様の住まいに関する不安をなくし、資産となる住まいのあり方をご提案させていただくことが目的ですので、補助金を利用する・しないに関わらず、一度ホームインスペクションを受けていただくことをおすすめいたします。

「住=人+主」と書きます。
住宅は人を主として考えねばなりません。

耐震で命を守り、断熱で健康を守る。
そのために、ホームインスペクション(住宅診断)でお客様の不安を解消し、補助金や減税を上手く活用することでお客様のご負担を減らす努力を惜しみません。

さらに、不動産仲介や火災保険、中古住宅かし保険を取り扱い、ワンストップで総合的にお客様をサポートする準備を整えてございます。

住まいに関するお困りごとは、何でもお気軽にご相談くださいませ。

皆さまが、性能が高く快適なお住まいで、長く健康で生活されることを願っております。

はじめに 事例 声

耐震補強リフォーム 耐震診断から改修まで
「損をしない!」住まい創りとは? タグチホーム 岐阜 各務原 リフォーム

「損をしない!」住まい創りとは? タグチホーム 岐阜 各務原 リフォーム

まずは相談・診断してみよう

失敗しない住まい創り相談会 建築士が教える タグチホーム 各務原 リフォーム
住宅診断 各務原市 リフォーム 各務原市 耐震診断 リフォーム 各務原市 うちエコ診断 リフォーム

建築士と一緒に叶える 「損をしない」住まい創りとは? 各務原市 タグチホーム
補助金活用で最大200万円の補助金 各務原市 タグチホーム
tekigou_02.jpg
岐阜 住宅診断 各務原市 タグチホーム
地震 耐震診断 各務原市 タグチホーム
省エネ うちエコ診断 各務原市 タグチホーム
失敗しない住まい創り相談会 各務原市 タグチホーム
岐阜県各務原市 アクセスマップ

side-blog.jpg


head_logo.png

hudousan.gif

sakura.jpg

tyukai.jpg